前へ
次へ

賃貸物件を探すのにベストな時期を知っておこう

賃貸物件を探すのにベストな時期を知っていれば、より希望に合った物件が見つかりやすく、リーズナブルな料

more

小屋を建てるための土地を探しています

最近、隠れ家的な自分の小屋を持ちたいと思うようになりました。
小屋は自分で建てようと思っている

more

部屋を決めるときは騒音のチェックも欠かせません

不動産会社に物件を紹介してもらったら、内見をして自分自身の目で細かい所まで確認してから決めることが大

more

外からの脅威に耐えるための工夫が必要だ

近頃は地球レベルで昔に比べて自然災害が確実に増えていることを多くの人が実感する時代となってしまいました。
自然災害は地震と台風と集中豪雨、さらに猛暑、北国では豪雪など数え上げればきりがありません。
そんな数多くの種類の自然災害に対しては土地や建物の不動産も対策を講じなければならなくなりました。
近頃の自然災害では山のふもとにある建物は土砂崩れでやられやすいです。
海や川に近ければ高波や堤防決壊で床下や床上浸水のリスクが高まります。
ゆえにできるだけ山や海や川から離れた平地がリスクを減らせる大きな要素となります。
しかしただ単に離れるだけでなく、土地そのものの高さも稼ぐ必要があります。
近頃の新規開拓された住宅土地では道路と同じ高さで盛り上げてないのが目立ちます。
これでは豪雨がくれば床下や床上浸水でやられる可能性を高くしてしまいます。
ゆえに道路からかさ上げした土地が望まれます。
また近頃の住宅は雨戸のない家が目立ちすぎます。
雨戸がないということは外部から物が飛んできて窓ガラスが割れる可能性を高くするし、実際に2018年9月の台風では関西地域の多くでその被害が多発しました。
しかもそれは戸建て住宅よりも、むしろ高層階の集合住宅でも発生していました。
ということで集合住宅でも雨戸対策の検討の余地があるといえます。
なぜならそれしておけば防犯対策としての可能性も広げられるからです。

幅広いシェアをもつ不動産会社
マンション・戸建て・不動産売買など様々な内容に対応しているアンサー倶楽部です

住宅ローン 小田原

住まいに関する相談はこちら
サンプルを集めたショールームを持つので、実際の設備が確かめられますし専門のコーディネーターもいるので住まいに関する相談も可能です。

健やかな肌へと導くボディケア
キレイなボディを手に入れるならワミレスコスメティックスの製品をご利用ください

美しさを探求する
ワミレスコスメティックスは最高の美しさをご提供できるよう日々研究を積み重ねております

Page Top